忍者ブログ
[129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


テトおおおおおお俺だああああああああ結婚してくれえええええええええええええええ

泣いてなんかないんだからねっ!

(・∀・)<まったく…君は実にばかだな


<追記>
すごいPVきてますねぇ。セットで見るのが良いかと。
もはや悪ノに求められているのはセンスのあるPVですね。解釈とか出切った感あるし。
今更しょぼいのなんて出せませんな!


今まで見たどのKAITOよりもかっこよかったよ!
私も青と赤は双子の入れ替わりに気付いていた解釈派です。
普通に考えて、性別的に処刑の後でばれますしね。
でも王女のことを見逃したってわけじゃなくて、十字架背負って生きていけという意味だと私は思っている。
召使が死んで独りになった王女は、死にたいって思わないことはないでしょう。
だけどそこで王女が死んでしまったらなんのために召使が身代わりになって処刑されたのか。
それを考えると王女はやっぱり死ねない。
城から降りて生きるうちに、自分が今まで「酷いことをしていた」ということを理解するでしょう。
自分の犯した罪を理解するでしょう。
それでも彼女は死ねないのです。独りのままで。
死ぬより苦しいかもしれない罰を、赤い女は娘に与えたわけですね。
めんどくさい解釈ですね。
いつか描こうと思っていた漫画の内容なんですけど、描く兆しが見えないのでネタバレですよ。
まだ描く気でいるので、裏話ちっくな感じで。

なんか妄想するうちに王女が良い子ちゃん設定になってくるけど、最後まで悪な王女でも良いと思うんだ。
召使が入れ替わりを申し出るのは王女の計算の内で、生きるために彼を犠牲にしたとか。
当初の悪ノ娘のイメージはそうだったみたいですし。
完全に構図が召使→王女なんですよね。王女はそれを多分わかってた。
自分のためなら召使はなんでもしてくれるだろうってことを、多分わかってた。
数年後、成長した王女に後悔の念が生まれてリグレットメッセージに続く感じでしょうか。
何気に「少し」のリグレットですからね…悪ですね…

リグレットと言えば、PVなんかで生まれ変わり双子ハッピーエンドはデフォな感じですよね。
良解釈です。大好きです。泣きますよ泣かされましたよ。
ただ天邪鬼な私は、生まれ変わり鏡設定バッドエンドを描きたくてたまらないのです。
いや、ある意味ハッピーエンドなのかもしれないけど…
というわけで諦めたと見せかけていたリグレットPVはまだ射程範囲内だったりするのでした。

今まで何気に悪ノについて語るのは避けてたんですが、PVを見た勢いでいっぱい語ってみました。
ちょっと長くなりすぎたかな…読んでくださった方、ありがとう御座いますoyz
ところで最近悪ノPのブログに張り付いて制作話を見てるんですが、ご本人が悪ノに関する拍手返信で
「某工作員」という発言をされていました。
これはもしかして…ネルフラグ……!!!?(*゜∀゜*)
</追記>
PR
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
web拍手
プロフィール
HN:
涼(すずみ)
カウンター
アクセス解析
Copyright (C) 2017 Through the Looking-Glass All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]